タルタン・トゥルク・リンポチェ

タルタン・トゥルク・リンポチェ

 1935年、東チベットのゴロク地方に生まれる。幼少の頃、ニンマ派六大寺院の一つペユウル・タルタン寺院の転生ラマとして認められ、7人の根本ラマを含むニンマ、カギュ、サキャ、ゲルクの25人の師から仏教教育を受ける。
24才の時、チベット政府の要請によりインドのベナレスサンスクリット大学で教鞭をとる。
35才でアメリカに渡り、カリフォルニア州バークレィ市に瞑想センター、出版社、印刷所を設立する。
1975年より加州山中に国際仏教センターをめざすオディヤン寺院の建築を始め、1996年に完成し落慶法要式が行われる。また、散逸する危機にあるチベット大蔵経、蔵外経典の復刻版の開版を成し遂げる。
 1989年より、チベット仏教の復興と伝承を願い、毎年インドのブッダガヤで世界平和千僧供養を主催し、チベット仏教界に多大な影響を与えている。

t.rinpoche.jpg odiyan.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。